21日付け世界ランク

女子テニスの21日付世界ランキングが発表されて、日本勢はクルム伊達公子55位、森田あゆみ62位、奈良くるみ71位、土居美咲78位、尾崎里紗190位。

上位陣では、1位がS・ウィリアムズ(アメリカ)、2位はV・アザレンカ(ベラルーシ)、3位はM・シャラポワ(ロシア)、4位はA・ラドワンスカ(ポーランド)、5位はN・リー(中国)となっています。

男子1位がR・ナダル(スペイン)、2位はN・ジョコビッチ(セルビア)、3位はD・フェレール(スペイン)、4位はA・マレー(英国)、5位はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、6位はフェデラー、7位はベルディフ、8位はS・ワウリンカ(スイス)、9位はJW・ツォンガ(フランス)、10位はR・ガスケ(フランス)

日本勢は錦織圭18位、添田豪118位、杉田祐一149位、守屋宏紀183位、伊藤竜馬191位となっていて、いま日本は女子テニスがトップ100に3人もいるんです。